前立腺炎・頻尿・慢性膀胱炎・残尿感・前立腺肥大・尿路結石・夜尿症・尿失禁・ED・血尿・慢性尿道炎
膀胱頚部硬化症・慢性尿道炎・尿路不定愁訴など

尿路障害専門 漢方相談

漢方薬で体の中からきれいになりましょ!!

山芍薬
 尿路障害について  症例ご紹介  元気になるお話  くすりのタカムラの
 こだわり
 漢方の奥深さ
 ご相談窓口  再注文フォーム  店舗・営業に関するご案内  お問い合わせ  HOME
症例ご紹介
目次へ
くすりのタカムラでは、定期的に当薬店で症状が改善された方をご紹介しています。
毎月、ご紹介していく症例の中でご自分と近い症状、近いご年齢の方が月毎に改善されていくご様子、きっと何かの励みになるのではないでしょうか?
ご不安な気持ちは誰も同じです。一人じゃありません。一緒に考えていきましょう。


くすりのタカムラ
HOME


くすりのタカムラ
ご相談窓口
東亜医学協会会員店
2006年 非特異性精巣上体炎と慢性膀胱炎(尿道炎)を併発 46歳 男性
45歳男性。165cm、65kg。顔色は浅黒く、汗かきで寝汗もかく。二便は普通。
足の冷えは感じる。口渇有り。

2年程前に、副睾丸炎と診断された。その後特に気になる症状はなくそのままの状態だったが、
下腹部の違和感感じるようになった。殊に、寒い日に膀胱炎のような症状になる。
病院で抗生物質をもらったが、効果はなかった。


現在の症状、問診の結果より副睾丸炎でも
大腸菌、肺炎桿菌、変形菌などによりおこり感染経路は尿道、前立腺などから精管を通じて
逆行性に感染することが多い非特異性精巣上体炎ではないかと思われる。
近年、若年層にも発症が見られ、お問合せも大変多い疾病である。

この方の場合は急性より移行し慢性化しつつある非特異性精巣上体炎に
膀胱炎(尿道炎)を伴ったもの思われる。

西洋医学は病名を決定し、治療方法を決定するが、
東洋医学(漢方薬)はその方の全体を診て、症状を表しているものを
排除していくので、症状が顕れて、内服が早ければ、早いほど慢性化もしにくく、漢薬の量も少なくしていける。


初回6月○日
下腹部の炎症ををとるために・・・竜胆瀉肝湯
下腹部のオ血と睾丸の腫脹と抵抗痛を軽減し上半身のほてりと下半身の冷えを改善する。・・甲字湯

1ヵ月後
あまり改善は感じられないとのこと。冷房と水分摂取に注意し同様に内服。

3ヵ月後
改善が感じられるようになる。
4ヵ月後
しっかり改善するまで取り組んでいく気になったとのこと、改善が自覚できてきた。
6ヵ月後
かなり改善した。ただ、冷え込みのひどい日には、症状が戻るときもある。
8ヶ月後
気になる症状がなくなった。
10ヶ月後
少しご無理されての血流の低下が見られるようだが、自覚的には悪化は感じていおいでにならないようである。

現在も完治を目指して内服をされている。








患者さんが服用した漢方薬○
竜胆瀉肝湯
下腹部の炎症ををとるために 1月分  8100円 
甲字湯 下半身の血流改善に
1月分 6300円

体質や病状で漢方薬の種類・服用量が一人一人変わります。
ご予算の目安にしてなさって下さい。


(※東洋医学で言う臓腑経絡は、西洋医学の内臓とは異なります。)



くすりのタカムラ
HOME


くすりのタカムラ
ご相談窓口


(C) 2004 くすりのタカムラ. All rights reserved.