前立腺炎・頻尿・慢性膀胱炎・残尿感・前立腺肥大・尿路結石・夜尿症・尿失禁・ED・血尿・慢性尿道炎
膀胱頚部硬化症・慢性尿道炎・尿路不定愁訴など

尿路障害専門 漢方相談

漢方薬で体の中からきれいになりましょ!!

山芍薬
 尿路障害について  症例ご紹介  元気になるお話  くすりのタカムラの
 こだわり
 漢方の奥深さ
 ご相談窓口  再注文フォーム  店舗・営業に関するご案内  お問い合わせ  HOME
症例ご紹介
ここでは尿路障害についてご説明します。
膀胱炎 尿道炎 前立腺炎 前立腺肥大 ED
尿路結石 尿失禁
 夜尿症
いずれの疾患も漢方治療がとても有効です。

殊に慢性化した疾患の漢方治療は改善が見られます。

くすりのタカムラ
HOME


くすりのタカムラ
ご相談窓口
東亜医学協会会員店
目次
膀胱炎  慢性化した膀胱炎、繰り返す膀胱炎に対して
漢方治療は殊に有効です。
もちろん急性の膀胱炎の漢方治療もいたします。
 上(肺)から侵入した病邪を風邪、
病邪が下(膀胱)から侵入したというとらえ方で
膀胱炎の治療をしていきます。

下からの慢性風邪引き状態から開放されます!
尿道炎 尿道の痛み、排尿時の痛み、熱感・・・
尿道口が赤くはれ、
粘液様あるいは膿性分泌液があることも・・

尿路の炎症がひどくなると排尿痛、
出血を伴うこともあります。
女性ではおりものが増えることが多いです。
淋菌性と非淋菌性の尿道炎があり、
男性においては尿道炎、女性では淋菌性子宮頸管炎、
という形で淋菌感染します。

慢性期、再発を繰り返す方に
漢方治療は適しています。
前立腺炎 その名のごとく前立腺の炎症ですが、
基本的には尿道炎と合併して起こります。
もちろん、前立腺異常は男性特有の病症ですが、
前立腺肥大や前立腺癌と違って、
10代後半から、あらゆる年代層に起きます。
前立腺炎に急性前立腺炎と慢性前立腺炎の2つが
あるのですが、全く症状が違います。

慢性化することで気が落ち、
他の臓器もダメージを受けることが多いのですが、
その症状と病名で前立腺だけを見るのでなく
その患者さん全体を見て治療して行くのが、
漢方治療です。
前立腺肥大 症状が
1.排尿しにくくなったり、夜何回も排尿に起き、
   尿がつまる時もある。
2.尿意があっても排尿までに時間がかかり、
  勢いよく出ないし、残尿感もある。

3.尿閉の回数増え、排尿できなくなる
と 進行していきます。

治療は電気ループで切除するなど手術を
薦める医療機関が多いですが、
漢方治療により3の状態でも、
好転される方もあります。

手術の前に漢方治療をしてみることをお勧めします。
ED
(インポテンツ
  勃起不全)
年のせいだからと諦めていませんか?
 確かに年齢のせいで「元気がない」という方も
いらっしゃいます。でも、同年齢でも
「なぜ、あいつはあんなに元気なんだ?」
と、
思われることもありませんか?
それは年のせいだけではないからです。
元気がないには元気がないなりのわけがあるのです。
ドリンク剤や興奮剤のように「今すぐ」、
「今だけ」というのには向きませんが、
自分のお身体をきちんと知り、原因を見つけて
根本から治療するという漢方治療で
喜んでいただいている方が沢山おられます。
きちんと養生することが一番の近道で、
一番持続させるやり方です。
尿路結石 激痛を伴う尿路結石。
「尿路」という場合、上は腎臓から尿管を経て、
膀胱、尿道の全体を指します。
もともとこの病気は男性に多いものでしたが、
現在、女性に急増しています。
その背景にあるのが女性の社会進出による
男性と同じ生活習慣のようです。

また、結石のできる場所も違ってきているのです。
昔は膀胱や尿道結石(下部尿路結石)が多かったのですが、
第二次大戦後、腎臓や尿管の結石(上部尿路結石)が
急増しています。

どちらも食生活の変化が一番の原因!
肉中心の食生活は、動物性脂肪や動物性タンパク質の
とりすぎにつながり、尿の中に、
多量のシュウ酸をだしてしまうことになります。

尿中にでたシュウ酸はカルシウムと結合し、
結石を作りやすくしてしまうのです。

再発率は約50%と言われています。
一度でも石の経験のある方は要注意!
胆石、膵石の方にも同じことが言えるのですが、
取ったら終わりではないのです。
漢方の力を再認識しますよ。
尿失禁 最近、セキした瞬間にオシッコが・・恥ずかしい。
私だけじゃないかしら・・・
ホント、そう思ってしまいますよね。心配しないで下さい
1600万人以上、
女性の約4人に1人の割合ともいわれます。
30歳代でも23%、40歳代で3人に1人の割合。

しかも近年増加傾向に有ります。

西洋医学的には「尿漏れ」は
1、腹圧性尿失禁(咳・くしゃみなどによる腹圧の高まりに伴い、
            排尿筋が収縮しないのに排尿される)
2、切迫性尿失禁(膀胱の不随意収縮により尿意が激しく起こる)
3、反射性尿失禁(神経障害で尿意・排尿感覚がなく、
            ある程度尿が膀胱に溜まると排泄される)   
に分類され、尿失禁の90%を占めています。
夜尿症 夜、眠っている間に尿が出て、衣類や寝具を濡らしてしまう、
いわゆる
“おねしょ”の事をいいます。

乳幼児にみられる夜尿は、だれにでもある生理的なもので、
心配する必要はないのですが、
6才を越えた学童期にみられる夜尿は、
一般的には、体の機能が整ってくるので、
自然に夜尿がなくなるのですが、
体の成長に比べて神経・内分泌系の発達の伴わないと
夜尿が続く場合もあります。
このように、夜尿が病的な状態になったものを
“夜尿症”というのです。
 原因としては、遺伝素質、排尿のしつけが悪い、情緒の不安定、
身体的異常、欲求不満などいろいろありが、
原因そのものよりも、“おねしょ”をしているというストレスと
これで治るという安心感を当ててあげて下さい。
心身ともに元気になりますよ。
 中学生までの年齢なら治ることも多いです。

早めの漢方治療が大切です。
※大人の夜間尿、夜間頻尿は尿失禁の項目をご覧ください。



くすりのタカムラ
HOME


くすりのタカムラ
ご相談窓口


(C) 2004 くすりのタカムラ. All rights reserved.