前立腺炎・頻尿・慢性膀胱炎・残尿感・前立腺肥大・尿路結石・夜尿症・尿失禁・ED・血尿・慢性尿道炎
膀胱頚部硬化症・慢性尿道炎・尿路不定愁訴など

尿路障害専門 漢方相談

漢方薬で体の中からきれいになりましょ!!

山芍薬
 尿路障害について  症例ご紹介  元気になるお話  くすりのタカムラの
 こだわり
 漢方の奥深さ
 ご相談窓口  再注文フォーム  店舗・営業に関するご案内  お問い合わせ  HOME
症例ご紹介
目次へ
ここでは尿路障害についてご説明します。
膀胱炎 経験のない方は少ないと思います。
おしっこをした時、なんともいえない不快感・・
今行ったばかりなのに、また「オシッコ」がしたくなる・・
まだ残っているような イヤ〜な感じ・・

しばらく経つとオシッコが出る時に軽い痛みがでたり・・
膀胱炎の残尿感、排尿痛ですね。
この症状を繰り返す、いつもこの症状が取れない
そんな膀胱炎に漢方は大変有効です。


くすりのタカムラ
HOME


くすりのタカムラ
ご相談窓口
東亜医学協会会員店
膀胱炎  慢性化した膀胱炎、繰り返す膀胱炎に対して
漢方治療は殊に有効です。もちろん店頭では
急性の膀胱炎の漢方治療もいたします。
この時の治療が適切だと慢性化も防げるのですが・・・
原因 というのは、尿道から細菌が侵入して膀胱でそれ以上内部に
細菌が入らないように戦いを始めます。戦況が残尿感、
排尿痛として現れるわけです。膀胱炎が女性に多いのは、
男性に比べて尿道が短いからなのですよ。
 膀胱炎の菌の種類として多いのが、大腸菌・ブドウ球菌
などです。
ここからが違う
漢方治療
そこで、菌だから抗生物質となると どうでしょう?
膀胱とその持ち主が弱体化したから戦争になったのですから
菌だけ殺しても 微量に残った菌が、膀胱で再び力をつけます。
菌が、「抗生物質」より強くなってしまいます。
 次からは同じ抗生物質でその菌を退治しにくくなってしまいます。
「耐性菌問題」としてよく新聞にも載ってます。
この時、漢方薬で膀胱の力をつけておけば
慢性化した膀胱炎や繰り返す膀胱炎にはなりません。
 
急性の時の対処法でも再発や慢性化は
防げるという事になります。
膀胱炎のことを、漢名で白濁といいます。
尿のにごりで、病気に気づけるのです。
炎症が尿管、腎盂までいくと熱を伴うことが多くなり、
慢性化すると症状としては激しいものではなくなります。
 しかし、激しいものでない方が、に入り込んだり、
になっている場合が多いのです。
 上(肺)から侵入した病邪を風邪、
下(膀胱)から侵入した病邪を膀胱炎ととらえ、
生体にそなわった健康を維持しようという力を取り戻し
菌を追い出し、再発しない身体を早く取り戻せます。
 個人差はありますが、
当店では 2,3ヶ月〜半年ほどの治療で完治される方が多いようです。
下からの慢性風邪引き状態から、開放されます。



くすりのタカムラ
HOME


くすりのタカムラ
ご相談窓口


(C) 2004 くすりのタカムラ. All rights reserved.