前立腺炎・頻尿・慢性膀胱炎・残尿感・前立腺肥大・尿路結石・夜尿症・尿失禁・ED・血尿・慢性尿道炎
膀胱頚部硬化症・慢性尿道炎・尿路不定愁訴など

尿路障害専門 漢方相談

漢方薬で体の中からきれいになりましょ!!

山芍薬
 尿路障害について  症例ご紹介  元気になるお話  くすりのタカムラの
 こだわり
 漢方の奥深さ
 ご相談窓口  再注文フォーム  店舗・営業に関するご案内  お問い合わせ  HOME
                     
症例ご紹介
目次へ

くすりのタカムラ
HOME


くすりのタカムラ
ご相談窓口
東亜医学協会会員店


これが特徴と言ってもいいかもしれません!
こだわりの診断法   くすりのタカムラではご相談窓口よりいただく患者さんの問診票
郵送頂いた直筆の字を使った医療気功により、
より正確な患者様の証を把握し患者様にあった治療法
ご提案いたします


 漢方では、陰陽気・血・水 表裏寒熱という
漢方的なものさし(診断基準)に基づいて出てきた
その時点の治療方が診断となります。
 その診断と治療の決定の事をといいます。

また漢方では、患者さんの自覚症状、他覚症状を知るために
望診(ボウシン)、聞診(ブンシン)、問診(モンシン)、切診(セツシン)
4つの診察方である四診とても大切にします。

患者さんの体の現している陰陽、気・血・水 表裏寒熱を
問診票により行い直接お会いできない患者さんの四診を、
医療気功により行っています。
 
 西洋医学の診断は、病名を決定し、その後、治療法を決定していきますが、
漢方医学では証を決定するという診断と、同時に治療法も決定します。
 ですから 患者さんに症状を取るために正確な問診票にのご記入と
直筆の字の郵送はどうしても必要なのです。



くすりのタカムラ
HOME


くすりのタカムラ
ご相談窓口


   
(C) 2004 くすりのタカムラ. All rights reserved.